こどもの国へ

渥美半島から脱出して向かったのが、

愛知こどもの国
   愛知県幡豆郡幡豆町大字東幡豆
   http://www3.ocn.ne.jp/~a-kodomo/

三河湾を眺望できる約100万平方メートルの広大な敷地の児童遊園施設で、
園内は管理棟のある中央広場をはさみ
東側のあさひが丘と西側のゆうひが丘に別れていて
あさひが丘の駐車場へ
駐車料金は1日500円
入場料は無料です。

園内の移動はランドトレインという乗り物が往来していて
無料で利用出来るのですが、を持って遊具広場まで歩きました。

画像


大型遊具にしながらをぺろりと食べて、
息子達は次々と遊具に挑戦します。

画像

関西は悪天候だったそうですが、
こちらはお昼から晴天
長袖一枚でも汗をかくぐらいでした。

画像

広い広場に適度に点在する遊具に次々とチャレンジ
すこしだけ立ち寄ってボール遊びでもしてすぐに出発するつもりが、
息子達はどんどん敷地の奥に進みます。

画像

芝生の丘を駆け上がってのぼる」なんて子どもの頃だけですよね。
大人になるとそんな気力無くなります。

画像

身軽な弟はスイスイと登ってしまいます。
天然おにーちゃんはちょっと苦手かな

画像

変わり自転車にも乗ることができました。
他には一輪車、インラインスケートもありました。
(すべて無料です)

広大な敷地、半日で制覇するのはムリ
時間を気にしながらアスレチック広場に向かいました。

画像

もーこれは軽いハイキング
私が地図係だと遭難するところでした

画像

こんな山道を登って下って・・・・
最近、家族で登山を始めようと準備中なのですが良い練習になりました。
息子達は元気一杯に登る。
山は苦手、体が熊級に重い旦那がスイスイ登るなぁー・・・と思ったら、
トレッキングシューズスキンズ履いてるし
荷物は全部旦那係です
子ども達が公園で遊んでいる間、
ゴロリと昼寝と考えていたのに
結構良い運動になりましたw

人工的な公園でなくて自然公園
あまり管理されていないように見えるけど、
センス良く手入れされた遊園施設ですね。

ぼうけん広場で全長48mのローラー滑り台や
人工芝滑りで遊んだ後アスレチックへ

画像

海が一望出来ました。

画像

あさひが丘だけでもすべて回る事が出来ず、
フクちゃんの前で写真を撮って駐車場に向かいました。
立寄のつもりが半日たっぷり遊びました。
ゆうひが丘にはこども汽車動物広場 があるそうなので
また来たいです。

帰りは高速で新名神を走って渋滞を避けて信楽で下りました。
関西にもどると気温もぐっと下がって
信楽の桜はちょうど見頃でした。

帰宅後、渥美半島で買ったお土産で晩ゴハン

画像

どんなけ、にんにくとラー油すきやねんっ 

最近流行っていてスーパで品切れなんですよねー
ここぞとばかりたくさん買ってしまいました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック