ぶらり白馬へ4

八方山荘駅まで戻り、
子供達はおやつ休憩
下界が一望出来る景色の良い岩場に座った旦那
「もう帰りたくない」
前世(熊)を思い出して野生に戻るのかと思いました。

大阪より気温は10度以上低く
少し が出ているので日差しもキビシクなくて、
」が近づいているのが感じられる涼風が吹き、
あちこちに高山植物のかわいらしい花が咲いています。
やっぱり夏山

補給物資を食べ尽くしたので仕方が無く下山

画像


景色と風最高でした。
「一日パスがあればずっと往復したいね」と旦那

汗を流すため温泉へ
リフト売り場で割引券をゲットしたおびなたの湯

   おびなたの湯
     http://www.hakuba-happo.or.jp/sightseeing/spa.htm

上下が開いたスカスカの木戸を開けるといきなり露天風呂
お湯に浸かっているハダカのおばちゃんと目が合う・・・
脱衣所らしき屋根付小屋は露天風呂から丸見えで
オープンすぎる露天風呂でした。
秘境の露天風呂?
洗い場は3台程、
一応シャワーはありますが出力不足か
みんなで使うと突然お湯になったり、
冷たい水が出たりで、
隣に座った親子とケラケラ笑って体を洗いました。
お湯はぬるっとしていて「美人の湯」だそうです。

汗を流してスッキリした後は安曇野
お目当てのパン屋さん
「本日売り切れました」の看板が出ていました。
ながら を食べる予定のお店に向かいました。
 
   あずみの餃子店
    〒399-8303 長野県安曇野市穂高7590-10
    http://azuminogyouza.net/

今年の夏は猛暑でなければ浜松餃子を食べて
富士山を見に行く予定でした。
とりあえずご当地餃子を食べる事にしました。

画像

スープ餃子鍋
昆布だしのスープが美味しかったです。
野菜好きの長男はスープがお気に入り

画像

焼き餃子
普通の餃子と違い丸いコロコロした
見た目はたこ焼きっぽい感じの餃子
厚めの皮にお野菜がたくさん詰まっていて
餃子よりおやきに近い感じでした。
お肉ジューシーなのが好きな方は好みではないかも・・・
見た目以上にボリュームがあります。

おなか一杯になって車中泊ポイントへ移動
また白馬に戻りました。
先に数台先客がいました。
POPを上げて息子達は上段へ、あっという間に しました。
私達も窓を開けて横になります。
涼しい風と川の流れる音、秋の虫の声を楽しみました。

画像

朝は寒くて寝袋に潜り込みました。

画像

今日は快晴、遠くのお山までハッキリ見えます。
「また来ようね」と何度も繰り返す旦那
山小屋での星空や、朝の空気はもっと凄いんだよと力説する私でした。

白馬を後にして糸魚側沿いの148号で海まで
白馬から日本海をロードで走ると気持ち良さそう。
 「海まで走って、帰りは電車で白馬に戻ると良いねっ。」と私
 「なんでや、往復したらいいやん」
 「登りの延々と続くトンネルコワイやん、ムリ!」
そんな話をしていたら対向車線
暗いトンネルの中を登っている旅仕様な自転車の列車発見
登ってくるなんてスゴイです。
薄暗いトンネルの中、大型トラックが時々脇を走ります。
私なら途中で心折れます。

日本海に出るとアツーイ
白馬では「」到来を感じていたのに、
思いっきり残暑、残りまくりです!

画像

で、海へ

画像

シーズンは終わり「海の家」は撤収作業中デシタ。
海水浴場には数組のファミリーがいるだけでの貸切状態
猛暑日が続いている為かクラゲがいませんでした。
私は浜辺で見学

いつまでも海に入っていたい旦那
プカプカ海上に浮いて寝ているのを見て、
前々世(海獣)を思い出して野生に戻るのかと思いました。

海で遊んだ後は金沢へ立ち寄り

画像

近江町市場
いろいろ買い食いをしました。

画像

新鮮な海産物や野菜、お漬け物、衣料店まであり
たくさんの商店が狭い路地に並んでいました。

画像

せっかく金沢に来たのでカレー好きの旦那は
「カレーのチャンピオン」のカツカレーを食べました。

画像

市場の氷ので遊ぶ息子達

金沢を後にしてゆっくりゆっくり高速を走って帰りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック