3度目の四国車泊旅4

お腹一杯になった後は温泉へ
津島やすらぎの里
愛媛県宇和島市津島町高田甲830-1

施設内にはプールがあり
開放的な露天風呂
しっとりとしたお湯でした。
のんびりお湯に浸かってくつろぐ

さっぱりした後は面河渓
今年もどこかお山を登ろうと思ったけれど
移動距離の関係で散策のみとなりました。

またまた酷道を走る。
四国は市街地を抜けてお山に入ると何も無い。
補給関係は市街地を出る前に済ませる必要があります。
前々回で懲りたので
ガソリンは半分無くなる前に補給必須
どうやって生活しているんだろうと思うほどの
お山に貼付くように時折集落があります。

画像

面河渓
愛媛県久万高原町(旧面河村)に位置
石鎚山の裾野に広がる国指定の名勝、面河渓谷

画像

早速、探検開始!
川には小魚やオタマジャクシがたくさんいました。

画像


画像

天然のクーラー
宇和島市街の暑さがウソのようです。

画像

渓泉亭で川のせせらぎを聞きながら夕食
車中泊の準備をしながら
渓谷で日暮れの景色を眺めます。

もちろん日が暮れると真っ暗
川の流れる音だけが聞こえます。
長男は暗闇は平気
見えてはイケナイモノも見えるみたいだけど平気
普段ヤンチャな次男は辺りが暗くなると急に大人しくなる
おにーちやんの後ろばかり貼付いてます。
日が暮れると兄弟の立場は逆転
みてておもしろい

携帯はつながりませんでした。

四万十川では猛暑だったようですが、
ジャージを着ていても
すっぽり寝袋にもぐりこんだ程肌寒かったです。

10日(日)
真夏なのに涼しい夜
いつでもどこでも寝れる一家なので
ぐっすり寝れました。

画像

朝、少し川遊びをしました。
黒いブンブン飛び回る虫(アブ)に追っかけ回されて
号泣する次男でした。

石鎚山で来月ヒルクライムが開催される為か
ロードで走っている人がチラホラいました。
黒森峠(国道494号)を通って松山方面へ
クロモリ峠?
これが坂バカ長男が興奮する峠でした。
「ここ自転車で登ったら最高じゃん!」
と言った端から
数台のバイクとすれ違いました。
松山市内から黒森峠を抜けて石鎚山へなんて
なんだか良さそうなツーリングコース出来そうです。

四国は走りたい所いっぱいあるなぁ、、、
こんどここ登ろう、、、
次回は自転車持参で

松山からは高速を使って帰路へ

画像

瀬戸大橋
暑いとにかく暑い
そしてSAは人多すぎ
そう、お盆休みだものね。
売店もギュウギュウで
人気の無い涼しい所でのんびりすごしたので人の熱気が堪えます。
写真だけ撮ってホビゴン

帰宅後は前日、宇和島で買ったあれやこれやでしました。

のんびり四国を回るのは楽しいです。
温泉もあるし
人は少ないし
無料キャンプ場がたくさんあって車泊旅向き。
地元の方が旅行者にとっても親切で
毎回いろんな出会いがあります。
これでぐるりと四国一周かな
、、、あっ佐多岬がまだでした。
つぎは自転車で!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック