きままに岐阜へ車中泊3

平湯キャンプ場
整然と区切られたオートサイトとは違い、
自然な地形をそのまま利用していて、
森林浴 がたっぷり味わえます。
でも、トイレ水回りはキャンプ場の広さを
考えるとかなり少なめです。

車が水平に駐車出来る所が少なくて、
少しサイト探しに苦労しました
夜になると、明かりはなく真っ暗な森になるので、
子供が一緒だとトイレまでの距離も気になります。

やっと場所を見つけてシートを広げていると、
入口ゲートから、
白いホビオが入ってきました。
あれ オーニングが付いてます。

私たちの前を通りかかったときに、
車を一旦止めて、
”こんにちわー おなじですね!”
とご挨拶してくれました
やっぱり車中泊が出来る
平らなサイトを探してウロウロしていました。
お一人で来られているみたいで、
椅子テーブルのみの軽装キャンプの方でした。
結局、ご近所のサイトに落ち着き、
勝手に写真を撮らせて頂きました。

画像

ホビゴンの向こうに白ホビゴン

ファミリーキャンプは2組だけで、
後は一人用テントのみの
軽装ソロキャンパーが多かったです。
オートバイで来られている人達もいました。

温泉地元農産物を売っている道の駅
徒歩で行ける距離にあり、
簡単なキャンプ道具をもって、
車中泊するのに良さそうな場所です。
ただ、虫は多いので対策は必要です。 


郡上八幡から平湯までドライブを楽しんでいる間に、
数台のロードバイクを見かけました。
景色が良く涼しいですし、
そんなにアップダウンが激しくなかったので
走ると気持ち良さそうです。

キャンプ場にもいましたロードバイク
どこを走っているのか気になります。
旦那が早朝散歩をしているときに、
少しお話出来たそうです。
なんと、昨日は上高地までランニング
今日はこれからロードバイク
乗鞍スカイラインを登るそうです。
トライアスロンが趣味だそうで
かなりの 鉄人 とお見受けしました。

奥様はキャンプ場
ゴハンを作って待っているそうで、
よくこのキャンプ場を利用しているそうです。
奥様もエライ!
私ならグチってしまいますね。
それより一緒に走ろうと言い出しそう。
でも、きっと遅いからいやがられます。

”私も乗鞍走れるかな?”
旦那と話をしました。
”うーん、うーん出来るんじゃない?”
返事に力がありません。
まずは、一般道で上手にビンディングペダル
外せるようになって、車恐怖症をもう少し直してからかな?
今の目標は琵琶湖淡路島
秋にぜひ挑戦したいです。

2日目
道の駅ななもり清見で、
お土産を買って車に戻るとき、
またまた発見
今度はなんと 紫ホビゴン
POP付きでした。
私の職場にも1台いますし、
あちこちで増殖中?

"きままに岐阜へ車中泊3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント