まったりいきましょう^^

アクセスカウンタ

zoom RSS しまなみ自転車キャンプ2

<<   作成日時 : 2011/10/13 23:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

9日(日)
橋の下のキャンプ場だけど思ったより静か
お隣も”コドモいるの?”って程大人しかったです。

翌日お隣のコテージからぞくぞく出てくるコドモ達
いたんだ、、、
走り回る事も無くとってもおとなしいお子様達でした。
コテージに付いているテラスで海を見ながら
前日に買ったパンを食べて出発

画像

今治方面へ向かいます。
四国に上陸して後は走れるだけ尾道を目指す予定。
長男だけならしまなみ横断も可能だけど
次男のペースが読めません。

画像

キャンプ場入口のコンビニで補給
旦那と次男にはリュックを背負ってもらいます。
旦那はお土産担当
次男は補給物資(おやつ)と救急グッズ担当
転んでも貼ればご機嫌になるポケモン絆創膏と
補給物資(おやつ)を背負って走らせると次男のやる気が違います。
私は3チロル購入してリュックに入れる。
ツーリングにチロルチョコレートは必須

海岸沿いを走り大三島大橋
自転車レーンと標識で迷う事無く走れそうです。

途中で10%の表示を見て
「坂だぁ♪」と喜ぶバカなヤツがいた。
ママチャリやロードを追い抜いて嬉々として登る長男
次男を旦那にお願いして付いて走ります。
海を見ながら走るのって楽しいなぁ

次男も脚付き無しで登りました。
画像

大三島の看板

画像

大三島橋を渡ります。

画像

伯方島に上陸

無風、穏やかな海
「最高に気持ち良い!」と長男
海辺の景色を楽しみながらグングンスピードが上がる。
ウサギ班(私、長男)
カメ班(旦那、次男)に別れて走ります。

標識とみんなが走って来た方向に行けばいいかな?的な感じで
先行してもあまり迷子の心配は無さそうです。
橋までの坂はそれほど斜度は無くて次男も余裕

画像

心地よい海風、親子列車で下ります。

伯方大島大橋を渡り大島に上陸
ここから少し海辺を走り内地へ

いままで人もまばらだったけど
ママチャリ、クロスバイク、ロードなどなど
今治方面から走って来た人とたくさんすれ違います。
先週ポジションを直して頂いた効果か
長男の巡航速度が上がってます。
飛ばす長男に追いつき
「30キロ以上で走るのなら車道に出なさい!と叱る。
高速で自転車道を走ると危ないです。
車道に出るとさらにスピードが上がり
親子列車で35キロ巡航
し、しんどいんですけど?
ゆるポタなのになんだコイツは!
途中でカメ組を待ちながら走ります。
走ったら食べるな長男
休憩中はオニギリをパクパク

道の駅よしうみいきいき館に到着
海の向こうに見えるのは四国です。

来島海峡大橋長いです!
途中で無人島に降りれるそうですが今回はパス
ここだけ料金所は有人でした。

画像

ついに四国上陸

中央レンタサイクルターミナルでは
自転車をレンタルする人の大行列が出来ていました。
タンデム自転車に興味津々の息子
20代ぐらいのカップルが数組借りていました。

ターミナルでトライクに乗っている人としばし談笑。
東京から空輸して来たそうです。
ホントはガチャピン号で走りたい旦那
ホビゴンの積込限界で今回はジャイ子

じっとしていたらママチャリ大集団で橋が渋滞しそうです。
今治に着いたけどなにも観光せずに折り返す事にしました。
サイクルチケットを補充している間、
カメ班に先行してもらいました。

自転車レーンは急坂を登れないママチャリで渋滞
フラフラ蛇行ママチャリ、急に止まる人も
危なそうなので車道側を長男と一気に登ります。
まだ橋にも到着していないのに
ターミナルを出たすぐの急坂が登れなくて
心折れている感じな数組タンデムカップルがいました。
アレに私は乗れないなぁ
別の意味で恐ろしくて
旦那と一緒に走るなんてイヤだなぁ。。。
絶対前見えないじゃん

予想通り来島海峡大橋は渋滞中
対向が来るのに並走して走る人
親子でフラフラ蛇行して遊びながら走っている人←パパがしてはダメ!
いきなり止まる人
ハラハラドキドキです。

道の駅よしうみいきいき館でソフトクリーム補給
朝より車も人も自転車も一杯
ここも早々に立ち去る。

途中のスーパーで軽く補給
ここからトライクの方と追いつき追い越しで走る。
カメ組を待ちながらちょこっとお話しました。
リカンベントは観光客に大人気でした。
(ジャイ子だと写真取らせて下さいとか
 見知らぬ人に手を振られないもんっ)

延々と続く緩やかな斜度の道を
えっちらおっちら長男と走っていると
「ママ、もっと早く走っても良いよ!」と駄目だしをもらう。
ママ頑張って走っているんだよ?
「だったら前を走りなさい!」と言うとスーと加速
慌てて追いかける。
付いて行くのがしんどいよぉ

画像


画像

あちこちでお祭りをしていました。

伯方大島大橋を渡り伯方島
ここまで来るとママチャリはほとんどいない。
塩ラーメンに後ろ髪を引かれながら
大三島へ戻りました。

画像

多々羅大橋を渡り生口島

画像

生口島上陸

広島県側では道路にブルーラインが引かれ
尾道まで○○キロと表示されていました。
海沿いを気持ちよく走ります。
「お腹空いた〜、お腹空いたぁ〜」と食欲魔人
目的地までもう少し。
瀬戸田に着いたけどお目当てのお店がワカラナイ
下調べした地図は旦那が持っていました。

オナカヘッタと食欲魔人がウルサイ
なんとなくこっち?かなと先にお店を探す事にしました。
道にはよく迷うけど
美味しいものセンサーは結構優秀な私
迷わずお目当てのお店発見
お腹が減ると感がよくなる?

しまなみ走るならココ!
画像

玉木商店
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田511

ローストチキン専門店
もも肉は売り切れだったので手羽L(360円)
美味しそうなニオイがする〜
カメ班を待たずに先に食べちゃえ!

画像

食欲魔人がガブリと齧りつく
「ウマい!ウマい!」と軟骨まで食べてました。
遅れて到着したカメ班もペロリと食べる
次はコロッケ

画像

岡哲商店
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田517-4

張り紙だらけのお店
一個80円のコロッケ
美味しいよー

ローストチキンとコロッケを持ち帰り用に購入

息子達は家から嵐山へ行くぐらいの距離は余裕
美味しい物を食べて元気百倍
でも、ライトと尾灯を準備していましたが
ここでキャンプ場に戻る事にしました。

チーム編成を変更
ウサギ班(旦那、長男)
カメ班(私、次男)
次男とのんびりサンセットビーチのを見ながら走ります。
と言っても20キロ巡航

多々羅大橋までの登りも
ママチャリを追い抜いて楽々と登ります。
全然疲れてませんねー
キャンプ場に戻った後も兄と海辺で遊んでいました。
メーターを見ると87キロ
「100キロまで後少しだったぁ、、、ママもう少し走らない?」と長男
日も暮れかけて交通量も増えているので却下

「昨日の温泉良かったけど、お風呂が一つだけやねん」と長男
今日は別の温泉に行く事にしました。

すぐ近くにある多々羅温泉 三島の湯
貸し切り状態の露天風呂からは
多々羅大橋が眺められる絶景が見れました。
塩分の濃い温泉でした。

ゆっくりお湯に使った後はゴハン
キブンは海辺キャンプからグルメツーリングに変更しているので
町の食堂へ

お食事処 大漁
愛媛県今治市大三島町宮浦5507-1

画像

お店に入ると所狭しと料理が並んでいます。
名物の海鮮丼とお刺身は売り切れていましたが、
焼き魚や煮魚がズラリ
セルフで取り、後で清算する形式
焼き魚、煮魚、南蛮漬などなどどれも美味しい
魚の目玉を取り合う程、魚大好き息子達は大満足
安くて美味しいお店です。
次は海鮮丼を食べたいですね。

コテージに戻り20時すぎには息子達は
テラスで夜の海を見ながらまたまた しました。

↓にほんブログ村に登録しました。ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
しまなみ自転車キャンプ2 まったりいきましょう^^/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる